おせち料理って実はなに?

おせちよくばり情報館

おせちよくばり情報館のメインimage
おせち料理は、古くは宮中行事にていただいていたお料理で、今は一年の始まりにその一年を幸せに過ごせます様に願いの込められたお料理です。

おせち料理を知らない日本人はいませんよね。

おせち料理といえば、お正月にいただくお料理のこと、お重箱に詰められて食卓に並べられますよね。

定番のお料理が詰められており、おせち料理ならではのお料理も多くあります。

おせち料理の中で何が好きでしょうか?

おせち料理というのはお正月に出される当たり前のお料理だとは思いますが、何でこのおせち料理が出されるか知っていますか?おせち料理というのはお節供の略であり、元日(1月1日)、五節句(1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日)という節日に神にお供えをする宮中行事をしていました。

次第に庶民の間でもおせち料理の風習が広まりましたが、現代では一年の始まりと言う大事な元旦のお正月だけにおせち料理をいただく伝統が受け継がれています。

おせち料理に込められている願いは、一年の始まりに豊作を祈り、家族の健康と幸せを祈りというものなのですが、実は保存の効く食事を用意して毎日家事に忙しい女性を家事から解放する、お正月に火を使用しないという物忌みの意味もあります。

願い、お祝い、そして優しさのお料理ということですね。

おせち料理は日本全国で統一されている訳ではなく、地域ごとに詰められるお料理が違ったり、家庭ごとに受け継がれているお料理が違ったりと様々です。

おばあちゃんから、お母さんに、お母さんから娘へとそれぞれのおせち料理が受け継がれて行くというのは素敵なことですよね。

おせち料理は、古くは宮中行事にていただいていたお料理で、今は一年の始まりにその一年を幸せに過ごせます様に願いの込められたお料理です。

◆お忙しい方にオススメ!今年のおせちを予約するならお早めに!⇒おせち料理予約2015年-板前魂本店

Copyright おせちよくばり情報館 All Rights Reserved.